顔の産毛対策でアトピーに?

顔の産毛対策でアトピーに?

普通肌の人が顔の産毛対策で顔剃りをしたら、敏感肌になってしまったという話しは良く聞きますよね?
その前に、顔の産毛やひげを処理している女性がどんどん増えていって、「ひげ女」という言葉も普通に使われているみたいなんです。

 

この言葉には驚きを隠せませんが、いまどきヒゲが生えている女性がいることは、みんな周知の事実で、誰もそれを指摘したりしないのです。

 

話は戻りますが、では、もともと敏感肌の人が産毛対策で産毛や濃い産毛(ひげ)を剃った場合に、お肌のバリア機能が壊れてアトピー性皮膚炎になったりするのでしょうか?
カミソリ負けなら痒くなってかいて、抗炎症作用のあるローションを塗って数日経てば元の状態に戻るというレベルです。そうではなくて、赤いぽつぽつができたり、粉が吹いているようになったり何日立ってもずっとかゆくて赤く少し腫れた状態が続くといういうことです。

 

それなら、ちゃんと皮膚科を訪問し、アトピー性皮膚炎になってしまったかどうかの診断が必要となります。

 

確かに、敏感肌の人はそれでなくてもバリア機能が低い皮膚ですので、そこからまたシェービングなどで毛と一緒に大切な皮膚をこそぎ落とすようなことをしたら・・・。
と、考えるだけでちょっとぞっとしますよね。

 

しかも、鼻の下やあごなど、顔のお肌になってくると腕や足よりもデリケートです。アトピーになってもおかしくありません。

 

そこで調べたところ、パイナップル豆乳除毛クリームは、スキンケアをしながらムダ毛処理をしてくれうそうです。でも、顔にしようしたら・・・とは書いてありませんでした。ひょっとしたら腕と脚専用かも知れません。

 

ノイスは逆に顔専用の抑毛クリームとありました。つまり、顔用に作られているクリームで、即時除毛してくれるわけではないけれど、毛を細くしたり、生えるのを遅らせたりしてくれるようです。

 

しかも、女性ホルモンと同じ作用の天然成分がたっぷり入っていて、顔に直接それを塗りこむので、スキンケアとしても使えるとのことです。いずれにせよ、敏感肌の人が顔の産毛対策に何かをする時には、専門医か、皮膚科に行って医師の診断を仰ぐ、など、慎重に行ったほうがよいと思います。

 

なぜなら一度アトピー性皮膚炎になってしまうと大変やっかいです。産毛対策どころか、メイクもできなくなる可能性もあります。シャンプーやトリートメントなんかにも気を遣うことになるでしょう。

 

アトピー性皮膚炎にならないために、敏感肌の人が顔の産毛対策をするポイントはプロの意見をちゃんと聞いてみるということに限りますね。

 

⇒女性の産毛用クリームノイスについてもっと知りたい方はこちらから!