髭をメイクで隠すのは意外と簡単

髭をメイクで隠すのは意外と簡単

女性にも髭は生えます。仕事が忙しいときや精神が興奮する状態が多くなると男性ホルモンの分泌が活性化し、人によっては鼻の下の産毛が濃くなってくることがあります。もちろん剃れば気になることはありませんが、より確実に隠すためのメイクテクがあります。

 

メイクを行う際、化粧水→下地(もしくはBBクリーム)と済ませた後、パウダーファンデーションを塗る前に軽くオレンジ系のチークを気になる部分に入れます。

 

入れ過ぎると不自然になりますので、微かにオレンジを入れるくらいの気持ちで塗りましょう。あとは普段通りのメイクを行えば、キレイな口元が実現できます。オレンジは補色関係になり、目立たなくなるのです。

 

この技は日々髭と格闘しているニューハーフさんが用いるテクニックです。これだけを聞くと嫌悪感を抱く女性もいるかも知れませんが、結果として口元がキレイになれば良いのです。同時にサプリメントや生活習慣の改善などで髭が生えない状況を作っていきましょう。

 

女性のひげ・産毛にはローションを

女性にとって悩みの種が毛の処理です。年を重ねて若かった頃は毛の処理に悩むことはなかったのに、今になって太めのひげが生えてきた女性は多いです。ひげが生えてくるのは、女性ホルモンの分泌が抑制される一方で男性ホルモンが多くなってきたことが理由になります。

 

ピンセットなどで毛抜きを直接行う人もいますが、あまりおすすめできません。それは、抜いた箇所の毛穴が広がってしまい黒ずむようになり、かえって肌が汚くなってしまう恐れがあるからです。

 

生えてきた毛は直接抜くのではなく、ローションなどの除毛用品を使うと良いでしょう。ローションを肌に塗っても直接毛を抜いた時より肌へのダメージはありません。それは除毛ローションは毛を根元から溶かし、毛穴を美容成分によってケアしてくれるからです。

 

除毛用の製品を使うと毛が再び生えてくるのも他の方法より遅くなります。ひげの処理を行った後、食生活や睡眠不足の改善をすることが、毛が再び生えてこないようにするために必要なことです。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?